測定値と属性の追加

フォローする

接続が確立されると、データは測定値と属性に分類されます。測定値は、売上、コスト、利益、単価、数量など、すべて定量化できる値です。属性は、日付や場所、製品IDなど、定量化できない値です。データの構造を理解するには、Query Builderで データ構造 アイコン( データ構造のアイコン )アイコンを選択します。

この記事では、次のトピックについて説明します。

測定値を追加する

フレームの「Measures」部分に測定値を追加します。プラス記号をクリックして、標準の測定値を追加します。または、サイズや色を変えて追加したり、2軸や傾向線に追加したり、データチップに含めることもできます。

Bimeは、測定値データの合計値を自動的に計算します。測定値をクリックすることで、測定値の計算方法を変更できます。その後、新しい測定アグリゲータを選択します。詳細については、「 測定値アグリゲータ 」を参照してください。

次のカスタム測定オプションを選択できます。

メモ: 測定値は、これらのカスタムオプションを一度にひとつしか選択できません。ただし、「 Chart configuration 」に含まれるデータチップは例外です。

色とサイズ

測定結果の見た目を、色エンコードとサイズエンコードを使用して変更することができます。色エンコードした測定値を追加するには、「Measures」の下にある色エンコードアイコン( )をクリックします。サイズエンコードした測定値を追加するには、サイズエンコードアイコン( )をクリックします。

グラフの右上に、最高値と最低値を表す色またはサイズが表示されます。 色のスタイルは、「 Chart configuration 」>「 Colors 」の順に選択し、「 Color encoding 」ピックリストを使用して変更できます。 「Size」オプションは変更できません。
メモ: 色エンコードまたはサイズエンコードした測定値を追加するには、別の測定値をフレームに追加しておく必要があります。

以下は、色エンコードおよびサイズエンコードした「Replies」の測定値の例です。

色エンコード:

サイズエンコード:

サイズエンコードされたレポート

2軸

グラフによっては、測定値を2軸に追加するオプションもあります。この方法では、別の尺度での測定値の比較を簡単にできます。

たとえば、下の画像では、「Quantity」は「Amount」および「Cost Goods」と比較して、かなり小さい尺度を使用しています。2軸を使用しない場合、「Quantity」は0~50Kの間にしか表示されず、測定結果が非常に見づらくなります。

「Quantity」を普通に表示した場合:

普通に表示すると「Quantity」は見づらい

「Quantity」を2軸表示にした場合:

2軸で表示すると「Quantity」が見やすい

このように、「Quantity」を2軸に追加した場合、測定結果がずっと見やすくなります。

2軸目を追加するには、2軸アイコン( )を選択します。2軸の編集は、「 Chart configuration 」>「 Dual axis 」で行なうことができます。

傾向線

測定値を傾向線として追加する場合、追加された傾向線が、その測定値を表します。傾向線アイコン( )を選択し、測定値を傾向線として追加します。

傾向線は、傾向線に測定値をひとつ追加しただけでは表示されません。 傾向線を追加するには、「 Chart configuration 」>「 Trend line 」で追加します。 これには、追加できる傾向線のタイプや、測定結果を表示するかどうかを指定する各種オプションが含まれます。
メモ: 傾向線の測定値を指定せずに、傾向線を追加すると、レポート内のすべての測定値について個別の傾向線が表示されます。

傾向線レポート

データチップ

測定値を追加すると、データチップとして表示する測定値を選択できます 。ビューアがグラフの一点を指す場合、データチップはその測定結果の情報を提供します。ツールチップアイコン( )を選択して、データチップに測定値を追加できます。また、データチップは、「 Chart configuration 」>「 Datatips 」でも追加できます。

データチップ

属性を追加する

属性は、定量化できない値でデータを切り出します。 また、グラフから測定結果を選択または除外するのにも使用できます。 属性を追加した後で、その属性をクリックすることで、表示する値を選択できます。
メモ: Googleアナリティクスなど、時間の経過とともに変化するデータセットについては、除外の方が選択よりも適している場合があります。
属性は、次の場所に追加できます。

Columns

Columnsは、属性値で測定結果を切り出します。Columnsに追加された属性値は、レポートに表示されます。プラスアイコンをクリックし、フォルダーから属性を選択または検索を使用することで、属性値をColumnsに追加できます。

以下の例では、Year(Date)およびQuarter(Date)という属性が、Columunsに追加されています。Yearについては、2014という値が選択されているため、2014年の測定結果のみが表示されます。

縦棒グラフ

Rows

Rowsに属性を追加する場合、測定結果を選択または除外することなく、属性値ごとに個別のグラフを表示できます。グラフの左側にある行セレクタを使用して、値を見ることができます 行セレクタにより、属性のすべての値が表示されます。行セレクタは、「 Chart configuration 」>「 Row selector 」の順に選択して編集できます。

以下は、属性CountryがRowに追加されたレポートの例です。行セレクタで値「France」が選択されています。

行セレクタ

Filters

Filtersに追加された属性は、値を選択または除外するように選択するまでは、レポートに影響しません。選択した値にしたがって結果が絞り込まれますが、属性名がグラフに表示されることはありません。代わりに、適用されたフィルタすべてがレポートの下に表示されます。これには、自分で作成した測定結果の処理用フィルタもすべて含まれます。

フィルタは、さまざまに異なる属性から値を選択したいけれど、グラフにすべての属性を表示したいわけではない場合に便利です。たとえば、以下の測定結果では、「Category」が「Accessories」、「Country」が「France」でフィルタされていますが、属性名はグラフには表示されていません。

Explosions

Rowsと共通しているのは、Explosionsに追加された属性は、属性の値に基づいてレポートを個々のグラフに分解する点です。Rowsと異なるのは、Explosionsではこれらのグラフがすべて隣どうし並べて表示されることです。このようにすることで、測定結果の比較が簡単になりますが、属性に複数の値がある場合は、表示する値を選別するか、Rowsの使用を検討してください。

Explosionsグラフ

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk