地域ごとの測定結果の表示

フォローする

地域に基いた測定結果を表示する場合は、ジオロケーショングラフタイプを選択します。ジオロケーションを使用するには、データセットにロケーション属性を追加する必要があります。測定結果を配置する地域を間違うと、データを再ジオコードしなければならなくなる場合があります。 ジオコーディングまたは再ジオコーディングは、新しい場所を地理データに割り当てるプロセスです。

この記事では、次のトピックについて説明します。

地理グラフ

ジオロケーションを使用するには、地理属性を追加する必要があります。地理データを追加したのに、地図が表示されない場合は、Bimeが属性を地理データとして認識していない可能性があります。

これは、 データ構造を整理 アイコン( )をクリックし、属性を選択することで修正できます。属性名の隣にある下矢印をクリックして、「 Edit geographic level 」を選択します。

値が間違った場所に表示されている場合、再ジオコードが必要となる可能性があります(「 値をジオコードする 」を参照)。

使用できるジオロケーショングラフは、次の2つのタイプです。

地図

地図を選択した場合、データのある場所の付近に円が表示されます。bimeは、ズームインするまでは、重なり合った点についても集計に入れます。

下図は、デフォルトの地図ビューの例です。

初期設定では、地図が自動ズームし、データポイントの位置を中心に表示されます。この位置を変更するには、「 Chart configuration 」>「 Chart 」で、「manual」で位置を設定するオプションを選択します。自国の市場や本社にフォーカスしたい場合、「manual」オプションは便利です。

地図タイプを選択すると、「 Chart configuration 」メニューの次のオプションを編集できます。

  • Chart 」で、測定結果の表示を編集できます。測定結果を、色付きの円またはヒートマップとして表示させることができます。ヒートマップを選択した場合、色の範囲を「 Chart 」で編集できます。測定結果をヒートマップで表すと、以下の画像のようになります。

  • 行セレクタを使用している場合、異なる属性の値それぞれにカラーパレットを割り当てることができます。新しいカラーパレットは、「 Colors 」>「 row all 」で選択できます。
  • Chart 」で、円の半径や不透明度、統合オプション、初期の地図の位置を変更できます。また、マップの基本レイヤーも変更できます。下図は、地勢図で表し、米国を中心に置いた同じ地図の例です。

コロプレス

測定結果を円で表示する代わりに、コロプレスでは地域をハイライト表示します。ズームインして、そのハイライト表示にどの地域が寄与しているか、より詳しく見ることができます。コロプレスは、グラデーションを使用して、地域における測定結果の高低を表します。ジオロケーショングラフは、個別の詳細ではなく、おおまかな概要を知りたい場合に便利です。

ズームインまたはズームアウト表示にさせたい場合、目的の領域をクリックして、インタラクションのオプションを選択します。ズームインすると、ズームの凡例がレポートの左側に表示されます。たとえば、以下の地図は州レベルにズームインしたものです。ズームの凡例には、ビューの表示を国レベルや世界レベルに戻すためのオプションがあります。

コロプレスについては、別の投影図を「 Chart configuration 」>「 Projections 」で選択できます。別の投影図を選択すると、世界地図の表示が変更されます。デフォルトでは、グラフはミラー図法で表示されます。

投影図の変更に加えて、「 Chart configuration 」メニューでは次のオプションの設定を編集できます。
  • Chart 」で、「 Display the graticule 」を選択すると、緯線と経線を表示できます。
  • Colors 」では、「 Color encoding 」で新しいグラデーションスタイルを選択できます。また、地表の色と、最小値と最大値を変更できます。
  • Zoom 」では、ズーム凡例の範囲と色、および表示するかどうかを選択できます。

値をジオコードする

地理グラフを選択すると、データは自動的に配置されます。場合によって、データが間違った場所に配置されることがあります。このようなエラーは、データに、他の場所でも使われている都市名やzipコード、またはその他の値が含まれる場合に発生します。たとえば、「Bakersfield」という値がある場合、Bimeは米国の測定結果に配置されます。ところが、実際にはイギリス国内のBakersfieldを意図していたとしたら、値を再ジオコードする必要があります。

値を再ジオコードするには、以下の手順に従います。
  1. Query Builderの右側にある「 Chart configuration 」のメニューアイコンをクリックします。
  2. Geocoding 」オプションを選択します。
  3. 地図に追加されていない属性値を確認したい場合、「 Not geocoded 」を選択します。そうしない場合は、「 All 」を選択します。
  4. 再ジオコードする値をクリックします。
  5. Geocoded Value 」テキストボックスで、新しい場所を入力します。「Bakersfield, Nottingham」のように、場所を特定できるように入力してください。または、緯度と経度の値を入力することもできます。

  6. Geocode 」をクリックします。

    値が再ジオコードされます。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk