測定値を軸として使用する方法

フォローする

他のグラフやチャートでは属性によって少なくとも1つの軸が定義されていますが、以下のグラフでは測定値は軸としてのみ使用されます。これにより、尺度を変更することなく、複数の測定値を比較できます。測定値を1つのみ表示したい場合は、「 測定値の比較 」を参照してください。

以下のタイプのグラフでは、複数測定軸を使用します。

バブルチャート

バブルチャートは、散布図に似た構造です。バブルチャートは2つの測定値を使ってX軸とY軸を作成します。測定値として表されるのは2つだけですが、Columnsに複数の属性を設定できます。属性の値は、バブルチャート上で点として表されます。点にマウスポインタを当てると、値の結果が表示されます。

下図のバブルチャートの例では、Revenue(売上)とCost Goods(原価)の測定値が追加されています。各点は、Category(カテゴリ)とCountry(国)の値で構成されています。

バブルチャートを選択すると、「 Chart configuration 」メニューの次のカスタマイズオプションの設定を変更できます。
  • Chart 」で、バブルのサイズ、不透明度、形状を編集できます。バブルは、空白の円、菱形、三角形、十字のいずれかにできます。
  • 傾向線、軸、凡例のオプションの設定も編集できます。デフォルトでは、凡例は必要な場合のみ表示されます。
  • Colors 」で、枠線と行の色を編集できます。

レーダーチャート

バブルチャートが2種類の測定結果しか比較できなかったのに比べ、レーダーチャートでは、3つ以上の測定結果をグラフ化できます。レーダーチャートの各計測値はそれぞれ独自のスケールを持ち、属性の値は色の付いた線で表されます。軸の配置を変更するには、枠線上の測定値の順番を入れ替えます。

下図のチャートでは、Quantity(数量)、売上(Revenue)、Cost Goods(原価)の測定値がすべてMeasuresに追加され、Category(カテゴリ)属性はColumnsに追加されています。レーダーチャートの各色の違いは、Categoryの値が異なっていることを表します(凡例を参照)。

属性をRowsに追加すると、行セレクタで、一連の測定結果をクリックすることができるようになります。レーダーチャートは、行セレクタで複数の項目を選択できませんが、合計と小計を追加できます。

レーダーチャートを選択すると、「 Chart configuration 」メニューの次のカスタマイズオプションの設定を変更できます。

  • 軸と凡例のカスタマイズオプションはバブルチャートと同じです。
  • Chart 」で、線幅とレーダーのタイプを編集できます。レーダーのタイプは、測定値とカテゴリに基づきます。また、比較のレベルと各頂点を表示または非表示にできます。
  • Colors 」で、線の色を変更できます。
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk