測定値の比較

フォローする

あらゆるグラフ形式を使って測定結果を比較できますが、ときには、1つの測定結果だけを見たい場合や、カテゴリを追加せずに複数の測定値を比較したい場合があります。ウォーターフォールチャートを除き、以下のタイプのグラフは1つまたは2つの測定値を比較する場合に最適です。複数の測定結果を比較する方法については、「 測定値を軸として使用する方法 」を参照してください。

次のタイプのグラフは、測定値を比較するのに最適です。

KPIチャート

KPIチャートは、測定値をダッシュボードのヘッドラインの数字として表示します。KPIチャートを使って、1つまたは2つの測定値を基準値(指標)として表示できます。ヘッドラインの数値が基準値より大きい場合は、緑の三角が表示されます。低い場合には、赤の三角が表示されます。

上図では、緑の三角は、売上が原価を上回っていることを示します。パーセンテージまたは差額を表示したい場合は、「 Chart configuration 」>「 Chart 」の「 Show variation 」で設定できます。KPIチャートは以下のようになります。

フレームに属性を表示した場合は、測定結果の最大値がヘッドラインの数字に反映されます。「 Chart configuration 」で「 Show chart 」を有効にすると、ヘッドラインの数字の下にチャートが表示されます。基準値を使用すると、チャートは表示されません。

上図では、「Tablets」が測定結果で最大値を示すCategoryの値になっているため、ヘッドラインの数字として表示されています。

KPIチャートを選択すると、「Chart configuration」で次のオプションの設定を変更できます。
  • 「Colors」で、変数、背景、最大値/最小値の色を編集できます。
  • Chart 」で、KPIチャート内に小さなグラフを追加できます。「 Show chart 」で、縦棒グラフ、線グラフ、面グラフを追加できます。このオプションは、属性を追加している場合のみ使用できます。

  • 属性を追加している場合、ヘッドラインの数字に反映される測定値を変更できます。ヘッドラインの数字は、属性、合計、平均の最新の値、または属性の値の数のいずれかになります。「Chart」の「 Value type 」ピックリストで、新しい値を選択できます。

バレットチャートとゲージチャート

バレットチャートとゲージチャートを使って、目標値または全体の値に対して測定値を比較することができます。バレットチャートでは、複数の属性値の目標値と達成値を 簡単に表示できます。最初に追加された測定値は実際の測定結果を示し、2番目の値が目標値を示します。バレットチャートでは、縦線が目標値を表し、横線が実際の測定結果を表します。

ゲージチャートでは、測定結果を目標値と簡単に比較できます。測定結果が複数ある場合、最初の値が実際の測定結果で、2番目の値が目標値になります。ゲージの針は、値の測定結果付近を指し、実際の正確な数字はチャートの下にリストされます。目標の結果は、黒い点で表示されます。

バレットチャートまたはゲージチャートを選択すると、「 Chart configuration 」で次のオプションの設定をカスタマイズできます。

  • Colors 」で、ゲージの各範囲の色を編集できます。色は自動的に、交通信号の色(赤、青、黄)で表示されます。
  • Chart 」で、測定結果を最大数のパーセンテージに対して測定するか、最大目標値のパーセンテージに対して測定するかを編集できます。また、レポートの最大値、最小値、パーセンテージを構成できます。
  • ゲージチャートでは、色の範囲をカラーシリーズで選択するか、針の位置に従って色を変えるかを選択できます。後者を設定する場合は、「 Chart 」で編集して、「 Range color indicated by the needle 」を選択します。

ウォーターフォールチャート

ウォーターフォールチャートは、測定結果の構成要素や、連続による累積効果を理解するのに役立ちます。ウォーターフォールチャートを使って、測定結果がA点からB点へどのように推移したかを観察できます。ウォーターフォールチャートは、次の2つの方法で設定できます。

まず、プラスとマイナスの要素をそれぞれ持つ測定値を使用して、全体の結果を作成します。たとえば、下図のチャートでは、各測定値は、最終利益を計算するための要素となっています。

プラスとマイナスの要素を持つ測定値がない場合は、測定値を属性の要素(期間など)で分割します。ウォーターフォールチャートは、ある期間中の傾向ではなく、期間どうしを比較する場合に最適なグラフです。期間中の傾向を比較するチャートの詳細については、「 時間に伴う傾向の比較 」を参照してください。

以下のウォーターフォールチャートは、各月の数量の測定結果を比較したものです。このレポートには、数量の差を示すために、測定結果のパス計算が含まれています。

ウォーターフォールチャートを選択すると、「 Chart configuration 」で次のオプションの設定をカスタマイズできます。

  • Chart 」の「 Connecting bars 」チェックボックスを選択すると、縦棒の間が点線で結ばれます。このオプションの選択を解除すると、縦棒間の点線は削除されます。
  • X axis 」と「 Y axis 」で、軸のタイトル、文字書式、表示/非表示を編集できます。
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk