カテゴリの比較

フォローする

レポートを作成してチームどうしやカテゴリの結果を比較する場合は、これらの結果を単に反映するタイプのグラフがあります。これらのグラフのタイプは、属性(カテゴリ)と連携する基準についてレポートする場合に最適です。

下図のグラフは、カテゴリを比較するのに適しています。

横棒グラフ

横棒グラフは、縦棒グラフに似たような構成で、結果は左から右へ表示されます。横棒グラフでは、属性はY軸に表示され、基準はX軸に表示されます。並べ替えやベンチマーク付きのレポートを作成すれば、それぞれの結果を簡単に比較することができます。横棒グラフではグリッドに結果を表示するため、傾向線を追加すれば、数値の上昇/下降を追跡できます。

横棒グラフを選択すると、「グラフ設定」メニューの次のオプションの設定を変更できます。
  • 」で、グリッド、背景、個々の基準値の色を編集できます。
  • X軸」と「Y軸」で、文字書式、配置、ラベルの形式、最大値/最小値、表示/非表示を編集できます。
  • 傾向線」で、傾向線の追加や編集ができます。「グラフ設定」で傾向線を追加すると、各基準の傾向線が表示されます。1つの基準のみの傾向線を表示する方法については、「基準と属性の追加」を参照してください。
  • グラフ」で結果を積み上げて、複数の基準を1つの列に結合できます。

ツリーマップ

ツリーマップは、複数の結果を同時に比較する場合に最適なグラフです。列に複数の属性を追加すると、ツリーマップは結果を階層化して表示します。階層化は、最初の属性の値が2番目の値をグループ化し、2番目の属性の値が3番目の値をグループ化するという形で行なわれます。最後の属性の値は、タイルになります。列で属性の順序を入れ替えることで、階層の構成を変えることができます。

各グループの値は、タイルの上部のタイトルバーに表示されます。タイトルバーにマウスポインタを当てると、ツリーマップに属性の結果の概要が表示されます。

選択したグループの結果を確認したい場合は、タイトルバーの「+」をクリックすると、拡大表示されます。元の全体表示に戻すには、「-」をクリックします。

ツリーマップを選択すると、「グラフ設定」メニューの次のオプションの設定を変更できます。
  • 」で、ツリーマップのヘッダー、文字、背景の色を変更できます。
  • グラフ」で、「ツリーマップのバージョン」ピックリストの「標準」を選択することで、ツリーマップを標準表示に変更できます。

    下図に、標準表示の例を示します。

バックレイアウト

異なる値が属性に複数含まれている場合、バックレイアウトを使用すると、結果の最大値と最小値を簡単に特定できます。値に含まれる結果の数が多いほど、バブルのサイズは大きくなります。クエリフレーム内で属性と基準があまり多過ぎなければ、バブルパックはうまく機能します。

クエリに複数の基準を追加すると、最初の2つだけが表示されます。最初の基準はバブルのサイズを表し、2番目の基準はカラーエンコーディングされ、結果の差異が色のグラデーションで表されます。2番目の基準はデフォルトでカラーエンコーディングされるため、クエリ名の横にカラーアイコンは表示されません。3番目以降の基準は、クエリには表示されません。

下の画像では、「Amount」(金額)が2番目の基準としてクエリフレームに追加されています。

カテゴリに複数の属性を追加すると、バブルの表示が増えるため、追加された属性値をすべて組み合わせて、結果が分析されます。バブルには最後に追加された属性値の名前だけが表示されます。バブルの上にマウスを置くとデータヒントが表示され、結果が他のどの値で分析されているか確認できます。データヒントが表示されない場合は、「グラフ設定」>「データヒント」で「データヒントを表示」チェックボックスをオンにします。

階層を平坦化」を選択していない場合、2番目の属性値は、最初の各属性値に基づく円として描かれます。

バックレイアウトを選択すると、「グラフ設定」メニューの次のオプションの設定を変更できます。
  • グラフ」で「階層を平坦化」を選択すると、円で囲んでグループ化するのではなく、すべての結果をまとめて表示することができます。また、「順序」ドロップダウンリストで、オプションを昇順、降順に並べ替えたり、または無順序にすることもできます。
  • 」では、背景色と色のエンコードオプションを選択できます。「階層を平坦化」をオフにした場合は、「ノードの色」で、結果をグループ化する円の色を選択できます。

ピクトグラム

ピクトグラムでは、アイコンや記号を使用して各値の違いを視覚化できます。ピクトグラムは、1つの基準と少数の値を含む1つの属性を使用する場合に、一番よく機能します。グラフの凡例では、色と値との対応関係と、1個のアイコンが示すおよその数量が示されています。凡例の表示位置と文字書式は、「グラフ設定」>「凡例」で変更できます。

ピクトグラムを選択すると、「グラフ設定」メニューの次のオプションを変更できます。
  • グラフ」では、結果を表す新しいアイコンを選択できます。アイコンはさまざまなカテゴリに分類されます。「アイコン」ドロップダウンリストから新しいカテゴリを選択できます。「アイコンのマージン」バーの円をドラッグして、アイコン間の間隔を調節することもできます。各アイコンには自動的に値が割り当てられますが、「自動スケール」をオフにして、各画像を表す新しい数値を入力することができます。

  • 」では、グラフの背景色とアイコンの色を変更できます。「自動カラー」を選択すると、値に色が割り当てられます。
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk