グリッドのカスタマイズ

フォローする

測定結果をグラフ表示にしたくない場合は、グリッドチャートのタイプを選択するとよいでしょう。グリッドチャートでは、フレーム内の表示位置に基づいて、測定結果を含む列が作成されます。下図のグラフの例では、Revenue(売上)とCost Goods(原価)をMeasures、Quarter(Date)(四半期(日付))をColumns、およびCategory(カテゴリ)をRowsとしています。

デフォルトのグリッドチャートは、シンプルな表示ですが、カスタマイズオプションの設定で目立つものを作成することができます。

Chart configuration 」メニューの次の領域にカスタマイズオプションがあります。

Chart

Chart 」で、文字書式とURLのオプションを編集できます。文字書式のオプションには、ヘッダー、測定結果、合計、小計のサイズ、色、および書式などがあります。合計または小計を追加した場合、そのラベル文字や繰り返し使用される同テキストを変更できます。

URLをグリッドチャートに追加する場合は、「 Chart 」でURLのオプションを変更します。URLを有効にする場合は、「 Clickable url 」を選択できます。URLが画像を参照している場合は、リンクにマウスポインタを当てると自動的に画像が表示されます。この機能を無効にする場合は、「 Display images 」の選択を解除します。元のURLを表示させたくない場合は、URLと画像URLの両方にエイリアスを追加できます。

Columns

フレーム上に属性または測定値を配置するたびに、グリッドチャートに列が追加されます。「 Display images 」で、列のオプションを編集できます。列をカスタマイズするには、いくつかの方法があります。

デフォルトでは、測定値はそれぞれ異なる列に配置されます。測定値を1つの列にまとめて表示する場合は、「 Measure on rows 」を選択します。「 Measures on rows 」を選択したか、「 Rows 」に属性を追加した場合は、グリッドチャートに行番号が表示されます。「 Allow sort on row number 」を選択して、並べ替えフィルタを適用できます。

Columns , y 」の値を編集しない限り、列の幅は文字の量に合わせて自動的にサイズ調整および整列されます。列ごとに新しい列幅と整列を設定する場合は、「 Fit to content 」と「 Automatic alignment 」の設定を解除します。

列リストでは、列を表示または非表示にするかを設定したり、矢印を追加して測定結果の方向を強調することもできます。列を非表示にすることで、空の列や不要な列を消去できるので便利です。

たとえば、以下のレポートでは、測定結果のパスの計算で、前期の数値と比較して、その差をパーセンテージで計算しています。3列目、4列目、および7列目を空にするか、非表示にできます。

Colorsのオプション

最後に、グリッドの色は「 Colors 」でカスタマイズできます。セルの背景、ヘッダー、列、合計、および枠線の色を編集できます。独自の色を選択するか、Bimeのカラーパレットから選択できます。下図は、結果を色分けした例です。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk