ワークフローの表示

フォローする

会社の業績を確認する場合、会社のワークフローを最もよく表すことができるグラフのタイプがあります。これらのグラフは、測定結果の比較ではなく変化を示すのに適しています。

ワークフローチャートには、次のタイプのグラフを使用できます。

ファネルチャート

円グラフと同じく、ファネルチャートも次の2通りの方法で作成できます。
  • 測定値をカテゴリ(属性)で細分化。
  • ひと続きのグラフ全体を複数の測定値で構成。

円グラフと異なるのは、ファネルチャートは、並べ替えフィルタに基づいてデータを構成している点です。並べ替えフィルタを適用している場合、ファネルチャートは測定結果を構成するのに最適な方法です。たとえば、下図のファネルチャートは、四半期ごとの売上の推移を示しています。このレポートでは、「Value by Descending(降順で値を並べ替え)」の並べ替えフィルタが使われています。

複数の測定値がどのようにひと続きの全体を構成しているか確認したい場合は、ワークフローに登場する順番に当該の測定値を追加していきます。下図は、数段階の売上の構成を比較して、総売上を示すレポートです。

ファネルチャートを選択すると、「 Chart configuration 」の次のオプションの設定を変更できます。

  • Chart 」で、面積または高さのいずれかのパーセンテージを指定することで、ファネルの形状を変更できます。「 Funnel type 」ピックリストで、新しい形状を選択できます。
  • パーセンテージ表示のタイプを選択するには、合計のパーセンテージを計算するか、測定値または属性の最初の要素のパーセンテージを計算します。この表示結果は、「 Chart 」>「 Computation method」 で編集できます。
  • Colors 」で、各セグメントの色を変更できます。

リレーショナルチャート

リレーショナルチャートは、測定結果を数値で示すよりも、組織の構成を示すのに適しています。下図のリレーショナルチャートは、カテゴリとサブカテゴリの関係を示しています。

リレーショナルチャートは、Columnsと通常の測定値に属性を追加することで作成できます。測定値は、データチップにしか表示されません。データチップを追加するには、「 Chart configuration 」>「 Datatips 」で追加した後、「 Select an element to add 」の下で測定値を選択します。

色エンコードまたはサイズエンコードされた測定値を追加することもできます。色エンコードまたはサイズエンコードされた測定値を追加して、データチップを追加しなかった場合は、点にマウスポインタを当てると測定結果を確認できます。下図では、Cost Goods(原価)の測定値が色エンコードされています。色エンコードされた測定値を追加する方法の詳細については、「 色エンコードおよびサイズエンコードした測定値を追加する方法 」を参照してください。

リレーショナルチャートを選択すると、「 Chart configuration 」の次のオプションの設定を変更できます。

  • Chart 」で、レイアウト方針を修正できます。レイアウト方針には、ラジアル座標とカルテシアン座標の2種類があります。デフォルトはラジアル座標です(上図を参照)。カルテシアン座標は、測定結果を左から右へ、上から下へ表示できます。下図のグラフは、YearとQuarterをカルシアン座標で表したものです。

  • Chart 」で、リンク表示(ノード間をつなぐ線)、ノード形状、およびノードサイズも編集できます。エンコードされた測定値を使用する場合、「 Encode the intermediate nodes 」チェックボックスを選択すると、色エンコードおよびサイズエンコードされた中間ノードが表示されます。
  • Colors 」で、リンク、サークル、凡例の色を編集することができます。

パラレルセットチャート

パラレルセットチャートは、複数の属性で測定値を分割し、それぞれの値を組み合わせた結果を検討する場合に最適です。パラレルセットチャートを作成するには、2つ以上の属性を追加する必要があります。

パラレルセットチャートは、属性間での測定値の推移を示すのに使用できます。以下のレポートでは、Category(カテゴリ)からYear(年度)、Quarter(四半期)までの推移を示しています。色付けされた線は、属性値の間の結びつきを表します。

線にマウスポインタを当てると、値の組み合わせで割った測定値の結果が表示されます。下図では、測定値は「Tablets」と「2015」年度で分割されています。

パラレルセットチャートでは、属性は「ディメンション 」と呼ばれます。属性の値は「カテゴリ 」と呼ばれます。ディメンションまたはカテゴリのタイトルにマウスポインタを当てると、関連する結果がハイライトされて、データチップとして表示されます。

パラレルセットチャートを選択すると、「 Chart configuration 」メニューの次のオプションの設定を変更できます。
  • Chart 」で、ディメンションおよびカテゴリの文字書式を編集できます。曲線で表す場合は、「 Curve 」を選択します。パラレルセットチャートを曲線で表すと下図のようになります。

  • Colors 」では、線の色をカスタマイズしたり、Bimeの既定のカラーパレットで色を選択できます。

ワードクラウド

ワードクラウドは、主に検索語やハッシュタグ、ユーザー名などに関するテキストの結果を表示させるために使用します。FacebookやTwitter、Instagramなどに接続している場合、ワードクラウドは役に立つツールになります。

ワードクラウドは、Columnsに追加された属性に基づきます。選択した属性によって、表示テキストのタイプが返されます。たとえば、下図のレポートでは、送信者の名前が属性になっているため、返される結果はいずれも測定値ごとに異なる送信者の名前になります。

多くの結果を持つ個人が、少ない結果を持つ個人よりも大きく表示されます。ワードクラウドの文字にマウスポインタを当てると、結果の正確な数字が表示されます。

ワードクラウドを選択すると、「 Chart configuration 」の次のオプションの設定を変更できます。

  • Chart 」で、ワードの方向を編集できます。「 Number of orientations 」テキストボックスに入力した数値に応じて、ワードの方向が変化します。または、方向の角度を編集することもできます。

    下図は、同じワードクラウドですが、デフォルトの2方向ではなく、5つの方向に向いています。

  • Chart 」で、ワードクラウドの形状を変更できます。ワードクラウドの形はデフォルトでは楕円形ですが、四角形に変えることもできます。
  • Chart 」で、文字を表示するワードクラウドの形状、サイズ、文字間隔を編集できます。
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk