時間とともに変化する傾向の比較

フォローする

時間とともに変化する測定結果の傾向を比較する場合は、左から右へ変化の推移を示すグラフが、傾向をつかむのに最適です。

以下のグラフは、時間とともに変化する傾向を示すレポートを作成するのに適したグラフのタイプです。

線グラフ

線グラフは、短い周期での傾向観察や、傾向線の追加に適しています。傾向線を線グラフに追加すると、傾向線は測定値と同じ色で表されます。傾向線は、「 Chart configuration 」>「 Trend line 」で追加するか、新しい測定値を追加すると追加されます(「 傾向線への測定値の追加 」を参照)。

線グラフを選択すると、「 Chart configuration 」メニューの次のオプションの設定を変更できます。

  • Chart 」で、線の形状を編集したり、足りない値を追加したり、値を示す点をさまざまな形状に変えることができます。「 Stroke width 」では、線の幅を数値で指定して、線幅を変更できます。
  • Colors 」で、グリッドと線の色を変更できます。
  • また、書式、テキスト、X軸とY軸の位置も変更できます。
  • 計測値を2軸で表している場合、2番目の軸の設定は「 Secondary axis 」で編集できます(「 2軸に測定値を追加する 」を参照)。

縦棒グラフ

縦棒グラフは、時間に伴う測定値があまり多くない場合に適しています(例:3年分の年間合計値)。また、測定結果を積み上げることで、各カテゴリの測定値を簡単に比較できます。

縦棒グラフを選択した場合、「 Chart configuration 」メニューの次のオプションの設定を変更できます。

  • X軸、Y軸、2軸の設定については、線グラフと同様です。
  • Colors 」で、グリッドと縦棒の色を変更できます。また、グラデーションをかけることもできます。
  • Chart 」の「 Stacked 」チェックボックスを選択すると、並べた縦棒としてではなく、同じ縦棒内に測定結果を積み上げて表示できます。「 Stacked 」チェックボックスを選択すると、測定結果の積み上げ方の設定を編集できるようになります。

面グラフ

線グラフと同じく、面グラフも線を使って測定結果の傾向を追跡します。面グラフでは、線の下の領域を塗りつぶして、測定結果の重要性を示します。

面グラフを選択すると、「 Chart configuration 」メニューの次のオプションの設定を変更できます。
  • X軸、Y軸、2軸の設定については、線グラフや縦棒グラフと同様です。
  • Colors 」で、線と塗りつぶしの色を変更できます。
  • Chart 」で、塗りつぶし領域の不透明度を編集したり、欠けている値を挿入したり、値を示す点をさまざまな形状に変えることができます。また線の形状や測定結果の積み上げ方も変更できます。下図のグラフは上図のグラフと同じレポート内容ですが、曲線を用いている点と測定結果の積み上げ方が異なります。

スパークラインチャート

スパークラインチャートは、時間に伴う傾向を示す他のグラフとは異なる方法で時間を示します。スパークラインチャートでは、現時点での最新の値、最低値、最高値、および時間と共に上昇または下降している傾向など、主要な測定値が強調されます。

また、指定されたグラフタイプを、よりシンプルに表現したレポートも表示されます。この小さなグラフ上の点にマウスポインタを当てると、属性と測定値が表示されます。スパークラインチャートには、Measuresに追加された最初の測定値と、Columnsに追加された最初の属性が反映されます。ただし、属性をRowsに追加することで、測定結果をさらに細かく分割することができます。

下図のグラフの例では、Revenue(売上)がMeasuresに、Month(月)がColumnsに、Category(カテゴリ)がRowsにそれぞれ追加されています。

スパークラインチャートを選択すると、「 Chart configuration 」メニューの次のオプションの設定を変更できます。
  • Colors 」で、文字、点、各列の色を変更できます。
  • Chart 」で、列、バンドライン、値の表示 / 非表示を設定できます。
  • また、「 Chart 」の「 Visualization type 」ピックリストを選択して、グラフのタイプを選択することもできます。
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk