RDBMSデータソースへの接続

フォローする

各種のリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)からデータをインポートすることができます。データソースビルダーでは、黄色のアイコンは使用可能なRDBMSデータソースを表します。

この記事では、次のトピックについて説明します。

RDBMSコネクションを追加する

使用可能なRDBMSデータソースは次のとおりです。

  • MySQL
  • MariaDB
  • Oracle
  • SQL Server
  • Postgre
  • DB2
  • Cloud SQL
  • MySQL RDS
  • Oracle RDS
  • Postgre RDS
  • AWS Aurora
  • SQL Server RDS
  • SQL Azure
  • Postgre Heroku

RDBMSコネクションを追加するには

  1. 上記のRDBMSアイコンの1つを選択します。
  2. ホスト、ポート、ユーザー名、およびパスワードを入力します。

  3. 資格情報を認証したら、データを取得できます。「単一テーブル」タブから単一のテーブルを選択できます。
    メモ:複数のテーブルを選択する場合は、カスタムSQLまたはSQL Designerオプションを使用する必要があります(「Selecting multiple tables from a database connection(データベース接続の複数のテーブルの選択)」を参照)。
  4. 終了したら、「次へ」をクリックします。
  5. データは、基準または属性として自動的に割り当てられます。左矢印と右矢印を使用して配置を編集できます。
  6. 次へ」をクリックして、ストレージオプションを選択します。
  7. キャッシュ、タイムゾーン、およびクエリブレンダーの設定を編集するには、「詳細」タブを選択します。

  8. 保存」をクリックして、セクションの追加を終了します。

データセットのチェックリスト

データベースがオンサイトの場合は、ローカルに接続して、クエリ結果をキャッシュに保存する方法で、シンプルなダッシュボードをサポートできます。デリゲートされたコネクションでインタラクティブなダッシュボードを公開するには、データベースをWebに公開する必要があります。

データベースはインターネットからアクセス可能でなければなりません。つまり、一般的な企業のファイアウォールは、コールを受け入れ、要求をサーバーに転送し、それをサーバーが受け入れる必要があります。

これを可能にするには、データベースにパブリックIPアドレスがあるか、またはデータベースがNAT接続される必要があります。

それには2つの方法があります。
  • 174.129.197.46107.23.115.201のIPアドレスをホワイトリストに登録し、この2つのアドレスからのみ接続するようにします。
  • または、接続時にSSHトンネルオプションをチェックします。
Amazon EC2でホストされているデータベースまたはAmazon Redshiftクラスタに接続する場合、セキュリティグループに次のEC2セキュリティグループを追加してください。
  • アカウントID:910041997824
  • EC2セキュリティグループ名:proxy-wac
SQLサーバーに接続する場合は、以下を確認してください。
  • TCP/IP接続は、SQLサーバーの表面領域マネージャーで使用可能になっています。
  • Windows認証ではなく、SQLサーバー認証ログインでサインインします。
  • 名前付きインスタンスがある場合は、コネクションに名前付きインスタンスを定義しないでください。
  • 可能であれば、インスタンスはデフォルトのポートを指すようにします。

接続中にタイムアウトエラーが発生した場合は、次の点を確認してください。

  • データベースの場所:データベースがローカルの場合は、BIMEデスクトップを使用して接続できます。Webインターフェイスを使用している場合は、*.bime.ioで、すべてのドメインをホワイトリストに登録必要があります。
  • IPアドレス:Webインターフェイスを使用している場合、ファイアウォールの設定に問題が発生する可能性があります。必要なセキュリティ設定を行っていることを確認してください(「セキュリティ設定」を参照)。
  • データの制限:BigQueryやElasticSearchなどの一部のデータソースでは、インポートできる行数が制限されます。データが設定された行数を超えると、タイムアウトエラーが発生する可能性があります。これを解決するには、GROUP BY句を使用して「カスタムSQL」オプションのビューを作成します。
  • 間違った情報:それでも接続に問題がある場合は、データソースビルダーの「情報」に間違った情報を入力した可能性があります。
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk