会計年度属性を使用したカレンダーの変更

フォローする

BIMEでは、デフォルトの日付フィールドを変更して、組織のカレンダーの開始日と終了日と一致させることができます。 「会計年度属性」を使って、カレンダーに対応する新しい日付フィールドの属性を作成することができます。会計年度属性は、インポートされた日付属性と同じように機能するため、BIMEのカレンダーの代わりにカスタム日付範囲のカレンダーを使用できます(「 日付と時刻の追加 」を参照)。

メモ: 会計年度属性を作成するには、データセットに日付属性が含まれている必要があります。

会計年度属性を作成するには

  1. データソースに接続します(「 Importing data(データのインポート) 」を参照)。
  2. クエリービルダーで、 データ構造 アイコン( )をクリックします。
  3. Date 」フォルダーに移動します。
  4. 任意の日付フィールド属性にカーソルを合わせます。
  5. 属性名の横にある下向き矢印をクリックします。

  6. ドロップダウンリストから「 Define fiscal year 」を選択します。
  7. Fiscal year for Date starts at month 」チェックボックスを選択します。

  8. 月を選択します。この月がカレンダーの開始日になります。

  9. Save 」をクリックします。
データセットに次の4つの新しい日付属性が追加されました。
  • Fiscal year
  • Fiscal quarter
  • Fiscal month
  • Fiscal week

クエリにこれらの属性を追加して、クエリ結果をカレンダーの日付で振り分けることができます。また、計算、時間フィルタ、および結果操作にも、これらの属性を使用することができます。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk