値と合計結果との比較

フォローする

個々の値が合計結果とどのように一致しているかを確認したい場合は、属性の結果の合計に各値が寄与する数値または割合を表示できるグラフのタイプがあります。たとえば、これらのグラフを使用して、売上高の最も高いカテゴリや、最も高い数値を作り出している値の組み合わせを調べることができます。

この記事では、次のグラフのタイプについて説明します。

円グラフ

円グラフを作成するには、次の2通りの方法があります。

  • 基準をカテゴリ(属性)で細分化する。
  • ひと続きのグラフ全体を複数の基準で構成する。たとえば、セグメントごとのパーセンテージの割合と、全体の合計。

円グラフは、比較的数の少ない結果を表示するのに最適ですが、使用できるカスタマイズオプションを操作して、いくつかの結果をシンプルに表示できます。カスタマイズオプションのひとつに、凡例の色分けがあります。「グラフ設定」>「表示値」で凡例に色を追加し、「色の凡例を表示」を選択します。色の凡例に、追加した属性の値を表示したり、ラベルにマウスポインタを当てた時にそれぞれの値の結果が表示されるようにできます。

最大値/最低値のフィルタを適用して、最大の測定値だけを表示することもできます。このフィルタを使って、値の小さな測定結果を1つのセグメントにまとめることで、パーセンテージの割合と合計数が同じグラフに表示されるようにできます。

いくつかの測定値を同時に確認したい場合は、ツリーマップや横棒グラフのタイプが最適です。

円グラフを選択すると、「グラフ設定」メニューの次のオプションの設定を変更できます。
  • グラフ」で、「結合測定基準」を選択すると、ドーナツ状の円グラフが作成されます。ドーナツ状グラフは円グラフを分割したもので、すべての基準が個々の値に分けられて表示されます。グラフの中央には、空白の円が表示されます。

     

  • 」で、背景とグラフの色を変更できます。
  • 測定結果をパーセンテージ表示にしたい場合は、「表示形式」>「表示値を編集」で数値表示のオプションを変更できます。ラベルの位置や書式を変更したり、カラー凡例を作成したい場合は、「表示値」で設定できます。

サンバーストチャート

サンバーストチャートは、円グラフとツリーマップを組み合わせたグラフです。測定結果はカテゴリに分けられ、階層化されて表示されます。測定結果が複数ある場合、小さい値のラベルは表示しないようにできます。円グラフと同じく、最大値/最低値のフィルタを適用して、これらの値の小さな測定結果を1つにまとめることができます。

サンバーストチャートを選択すると、「グラフ設定」メニューの次のオプションの設定を変更できます。
  • 」で、既定のカラーパレットから、カテゴリおよびサブカテゴリの色を選択できます。
  • グラフ」で、「集計方法を表示」チェックボックスの選択/選択解除を切り替えることで、基準の集計方法の表示/非表示を選択できます。

弦グラフ

弦グラフは、属性間の関係およびその関係から生まれる結果を分析するのに役立ちます。弦グラフでは、異なる属性値が弧線で結ばれます。これらの弧線を使用して、2つの異なる値を組み合わせて基準を切り分けたときの結果を判断できます。たとえば、各製品の売上をそれぞれ異なる色で測定している場合に、弦グラフを使用できます。

メモ:基準による結果はデータヒントに表示されます。データヒントが表示されない場合は、「グラフ設定」>「データヒント」で、「データヒントを表示」チェックボックスをオンにする必要があります。

値の名前にマウスカーソルを当てると、接続するすべての弧線が表示されます。基準が2つの値によってどのように切り分けられているか確認したい場合は、弧線の上にカーソルを当てます。たとえば、次の図は、グレーの電話で切り分けられた収益を示しています。

弦グラフを選択すると、「グラフ設定」メニューの次のカスタマイズオプションを編集できます。
  • グラフ」では、「グループ間のパディング」に新しい数値を入力して、属性値どうしの間隔を変更できます。「サブグループの順序」ドロップダウンリストにリストされる弧線の順番を並べ替えることができます。「弧線の太さ」に新しい数値を入力して、円弧の幅を設定することもできます。
  • 」では、背景の色、各値ボックスの枠線の色、および各値の表示色を編集できます。
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk